読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

ワニガメを捌いて食べたりするブログにはまってずっと読んでいた。


例えば道ばたのカラスウリとか、あれは食べられるもんなんだろうか?と日頃思ってるものをどんどん食べていくのだけど、単なるゲテモノ食いではなくてきちんと下処理してちゃんと「食材」としてリスペクトしながらそれに合った調理法を考えていて、良かった。



全然関係ない話なんだけど、私はある女性を観察してる。

趣味は人間観察です。とか言う寒い話ではなく、その人だけをチェックしてる。


自分ではストーカーとは思ってないのだけど、彼女は私を「ネトスト(ネットストーカー)」と呼んでる様子。ストーカーだと思う所がもう「自意識過剰だろ」と思う。


彼女が常にオープンに垂れ流してる情報を眺めているだけ。別に掘り起こしちゃいない。浅い所に無数に散らばってるんだもん。


最初は「なんだ、つまんないことしてんなぁ」くらいの気持ちで眺めていたのだけど、とにかく怒涛のごとく情報が溢れてくるのでついつい見ちゃう。

顔写真、裸の写真、売春の記録。

学歴の詐称、多方面に対する攻撃、死ぬ死ぬ詐欺。何かと言うと「死んでやるぅ〜」と騒いでざっくり切った手首の写メを載せる。それはもう見飽きた使い回しのもの。


本当に死にたいやつが切った手首の写メを人に見せる前提で撮るわけない。

構ってほしいだけ。死にたいわきゃない、強い生命力を通り越して生き意地の汚ささえ感じる。

この人、とことん生きたいんだな〜と、思う。


そんな棘で覆われたような性質の割にとても人との繋がりに執着しているのも、不思議。私の周りの人間嫌いはいつも1人でいる、1人で生きてるから。


多分、トイレに行くのも一人じゃ行けないタイプだろう。1人でご飯を食べたりするのを恥だと思ってるタイプ。

誰かにそばにいてもらえないとまともに声を発することも出来ないだろう。


自分は特別だ、希少な存在だ、というような事を良く言ってるけど、気が小さいから群れの中のモブにならないと生きていけない、パラドックスだ。


自分の中に耐え難い恥があって、それを隠すためにキャンキャン吠えてる。弱い犬ほどナントカ、というやつ。


「リア友」「彼氏」という言葉がとてもうすら寒い。ガキじゃあるまいし。


なーにを無理してんの、と思う。

男を引っ掛ける時だけ弱々しい振りをしてるのかもしれないけど、それも多分不完全で下手くそだろう。うまく出来ることなんて何一つないだろうな、この子。と思う。


もうそろそろ、その子を観察するのも飽きている。

多分、人間未満というのか。観察しても最近面白くもなくなってきてる。出汁を取ったあとの鰹節みたいにパサパサのカラカラ、なんの味もしない、猫も喜ばない、アレみたいなもん。


ストーカーの被害で警察に云々、と息巻いてるみたいだけど、どうぞご勝手に。と呆れてる。



ネイルだ外車だフランス女優だ、というようなことばっかり書いてるけど、そういう悪趣味なこともしている。ひまなときだけ。